SAPの自動化を検証(SAP NetWeaver導入編)

みなさんお久しぶりです。渡部です。前回の記事が5/9でそれから5ヶ月も経ってしまいました。
UiPath様と共同ウェビナーやったり、単純に業務が忙しかったりしてなかなか発信ができませんでした。
少しずつでも発信できればいいかなと思っています。(書きたいネタはたーーーぷりあるので)

今日はSAPネタです。

SAP NetWeaverとは

今回は題名にもあるようにSAP NetWeaver Application Serverをインストールします。
SAP NetWeaver Application Serverは主な目的としてはSAPで使われている「ABAP」という言語の開発環境のサーバー側として使われることが多いです。
今回の目的は各RPAベンダーがSAP対応についていろいろと発信されており、それを検証・紹介していくための環境づくりです。

SAP NetWeaverのインストール

AWSでCentOS7のインスタンスを起動する

ネットでのSAP NetWeaverのインストール記事を見ると、SUSEをOSとして利用しているものが多いですが、今回は普通にCentOSです。
SAPもSUSEも同じドイツ企業なので、よく使われることは理解しています。また、今回はAWS環境で構築したいと思います。

必要ハードウェア要件は以下のとおりです。

  • x86_64 Processor based hardware
  • At least 4 GB RAM plus about 8 GB swap space
  • About 100 GB free disk space for server installation

公式Awsマシンイメージから「Centos7」で検索し「CentOS7 (x86_64) -with Updates HVM」を利用します。

インスタンスタイプはt2.largeを利用します。システム的な要件としてはなので、t2.mediumでもいいのです。


固定IPアドレスも関連付けしておきます。


セキュリティグループでポート3200(TCP)を許可しておきます。

インストールする

インストールするための前準備

[centos@ip-172-31-23-113 ~]$ sudo yum install wget
[centos@ip-172-31-23-113 ~]$ wget https://download1.rpmfusion.org/nonfree/el/updates/7/x86_64/u/unrar-5.4.5-1.el7.x86_64.rpm
[centos@ip-172-31-23-113 ~]$ sudo rpm -ivh unrar-5.4.5-1.el7.x86_64.rpm 
warning: unrar-5.4.5-1.el7.x86_64.rpm: Header V4 RSA/SHA1 Signature, key ID a3108f6c: NOKEY

資材をimagesフォルダにSCPなどで転送しておきます。

[centos@ip-172-31-23-113 ~]$ cd image
[centos@ip-172-31-23-113 image]$ ls
TD752SP04part01.rar  TD752SP04part02.rar  TD752SP04part03.rar  TD752SP04part04.rar  TD752SP04part05.rar  TD752SP04part06.rar  TD752SP04part07.rar  TD752SP04part08.rar  TD752SP04part09.rar  TD752SP04part10.rar  TD752SP04part11.rar

資材はrarで圧縮されているので、unrarで展開します。

[centos@ip-172-31-23-113 image]$ unrar x '*.rar'

UNRAR 5.40 freeware      Copyright (c) 1993-2016 Alexander Roshal


Extracting from TD752SP04part01.rar

Extracting  readme.html                                               OK 
Creating    server                                                    OK
Creating    server/TAR                                                OK
Creating    server/TAR/x86_64                                         OK
Extracting  server/TAR/x86_64/sapinst.txt                             OK 
(略)
Extracting  client/JavaGUI/PlatinManual750_5-80002496.ZIP             OK 
Extracting  client/JavaGUI/PlatinGUI750_5-80002496.JAR                OK 
All OK

インストーラーに実行権限を付与する

[centos@ip-172-31-23-113 image]$ chmod 755 install.sh 

ホスト名を変更する(反映されるために一度ログオフする)

[centos@ip-172-31-23-113 image]$ sudo hostnamectl set-hostname icesap
[centos@ip-172-31-23-113 image]$ exit
logout
Last login: Sun Oct  4 01:48:24 2020 from xxx.xxx.xxx.xxx
[centos@icesap ~]$

インストールを実行する

[centos@icesap image]$ sudo ./install.sh 
Hostname icesap assumed to be SAP compliant

途中、ライセンス同意とOSユーザーのパスワードを求められるので入力します。

Do you agree to the above license terms? yes/no:
yes
 
 
Now we need the passwords for the OS users.
Please enter a password which will be used
for all operating system users.
 
Please enter a password:(任意のパスワード)
Please re-enter password for verification:(任意のパスワード)

最後に以下のようなメッセージが出れば完了です。

Checking syb Database
Database is running
-------------------------------------------
Starting Startup Agent sapstartsrv
OK
Instance Service on host icesap started
-------------------------------------------
starting SAP Instance ASCS01
Startup-Log is written to /home/npladm/startsap_ASCS01.log
-------------------------------------------
/usr/sap/NPL/ASCS01/exe/sapcontrol -prot NI_HTTP -nr 01 -function Start
Instance on host icesap started
Starting Startup Agent sapstartsrv
OK
Instance Service on host icesap started
-------------------------------------------
starting SAP Instance D00
Startup-Log is written to /home/npladm/startsap_D00.log
-------------------------------------------
/usr/sap/NPL/D00/exe/sapcontrol -prot NI_HTTP -nr 00 -function Start
Instance on host icesap started
Installation of NPL successful

あとは、npladmのユーザーで必要に応じてSAPの停止(stopsap)・起動(startsap)ができます。

[centos@icesap image]$ sudo su - npladm
Last login: Sun Oct  4 02:52:06 UTC 2020 on pts/0
icesap:npladm 3> stopsap
[centos@icesap ~]$ sudo su - npladm
Last login: Sun Oct  4 05:24:22 UTC 2020 on pts/0
icesap:npladm 5> startsap

インストール後のSAPユーザー

インストールが完了すると、自動的に以下のSAPユーザーが作成されます。

Table 4: SAP Users
usernameclient(s)passworddescription
DEVELOPER001Down1oadDeveloper User
BWDEVELOPER001Down1oadDeveloper User
DDIC000/001Down1oadData Dictionary User
SAP*000/001Down1oadSAP Administrator

SAP GUI Clientのインストール

SAP GUI Clientのインストール

SAPGUIのインストーラー
SAP NetWeaver AS ABAP Developer Edition 7.52 SP04\client\SAPGUI4Windows\50144807_6\BD_NW_7.0_Presentation_7.50_Comp._2_\PRES1\GUI\WINDOWS\Win32\SapGuiSetup.exe
を起動します。

Nexを選択します。

以下のコンポーネントを選択して、Nextを選択します。

インストール先(デフォルトで良い)を選択して、Nextを選択します。

接続設定

SAP Logonを起動します。

新規アイテムを選択します。

次画面を選択します。

接続タイプで「カスタムアプリケーションサーバ」を選択し、システム接続パラメータを入力し、完了を選択します。

アイテムに先ほど追加したものが表示されているはずなので、選択します。

ユーザー・パスワードを入力します。

無事ログインが成功して以下の画面が出れば完了です。


まとめ

今回のインストールログもアップしておきますので、もしインストールで失敗するようなことがあったら参考にしていただければと思います。
watanabe_SAP_NetWeaver_7.52_installlog

とりあえずパッと要点だけの記事ですが、時間がある時に肉付けしていきますね。。。

公式
https://blogs.sap.com/2017/09/04/newbies-guide-installing-abap-as-751-sp02-on-linux/

もっと知りたい方はこちら

ページトップ